無料心理解析
自分が見えたら心が晴れる

「心理テスト」は、人の心の状態を判断するアイテムとしてとても人気のコンテンツです。
オンライン上では、数多くの心理テストサイトやアプリが見つかります。
「性格」「隠れた本音」「恋愛」「自分に合うお仕事」など、娯楽や占いと同列に扱われているものもありますが、「エゴグラム」による心理解析では、心身のアラート(警告)状態も判断できます。

「エゴグラム」とは?

「エゴグラム」は、アメリカの精神科医エリック・バーンが、人間の心の状態を5つの自我(エゴ)のグラム(グラフ)として簡易に解析できるようにしたアセスメントです。
信頼性が高く、教育・指導・メンタルなど幅広い範囲で用いられています。

エゴグラムで表示される5つの自我のエネルギーや強弱の度合い(エゴグラム・チャート)により、性格、性質、社会性、職業適性、注意すべき傾向などが高確率で把握できます。

5つの自我状態

▼親 (Parent)

CP

NP

CP (Critical Parent):批判的な親

【厳しく批判的】強い信念で行動する父親の心

CP.png

NP (Nurturing Parent):養護的な親

【優しく受容的】思いやりが高く奉仕的な母親の心

NP.png

▼大人(Adult) 

A

A (Adult):大人

【冷静で客観的】事実・情報で判断する大人の心

A.png

▼子供(Child)

FC

AC

FC (Free Child):自由奔放な子供

【明るく無邪気】欲求・感情優先の自由な子供の心

FC.png

AC (Adapted Child):順応した子供

【従順で忠実】「いい子」と思われたい子供の心

AC.png

5つの自我(エゴ)は、全体的なバランスや調和が取れた状態が、最も理想的と言われています。
各自我のスコアが示す心的エネルギーの過剰・欠如により、性格・行動傾向や症状・疾患としてのデータ解析も区分されています。

エゴグラムが示す心理・行動傾向
図8健全な人のエゴグラム.jpg

バランスの取れた自我状態

 無料心理解析 診断番号:613

全ての自我エネルギーにバランスが取れていて、優しさのNPや知性のAが管理するため極端な感情的衝動性が生じず、常にマイペースで自分も他人も大切にできる。

図4うつ.jpg

うつ病

 無料心理解析 診断番号:405

批判性CPと従順性ACの値が両方高く、自己内部の心的矛盾を起こし、更に優しさのNPと自由のFCの極端な欠落により、他人との交流が持てない状態に陥いる。

図3仕事中毒タイプ.jpg

心身症

 無料心理解析 診断番号:644

胃潰瘍・高血圧症・心筋梗塞などの疾患入院が多い中間管理職者の典型。低いFCと高いACにより自分自身で自然な感情を抑圧し、遊ぶことができない高ストレス気質。

図9自他否定タイプ.jpg

癇癪性(逆キレ)

 無料心理解析 診断番号:448

CPとACの高さでうつ病と同じ自己内部の心的矛盾を起こし、理論性Aの低さで我慢の限界を超えると他者へ責任転嫁し感情を暴発させる。

図7肥満症.jpg

肥満症

 無料心理解析 診断番号:113

優しさのNPの高さで誰にでも世話をやき、自由のFCが低く自制心が働くが、NPの親和性を求める承認欲求の高さで心的代償行為を食事・飲酒で補う。

図6犯罪者.jpg

犯罪者

 無料心理解析 診断番号:715

批判性のCPと自由のFCが高く、自己主張の強さと低いNPとACの影響により社会性が乏しくなる。

※図1より6:「交流分析入門2/Ⅳ‐1 エゴグラム」より図・解説両引用
EGOGRAMS By John M.Dusay,M.D. (1977/1/1)

※上記の評価はエゴグラム診断テスト実施者の結果が診断番号に該当した場合でも、全実施者の性向・疾患の状態及び医療的診断を確定するものではありません。
 

エゴグラムを用いた自己変容

エゴグラムテストで解析された結果=5つの自我状態は、自分自身で変えることができます。
変えるためのポイントは以下の3点です。

●「低める」より「伸ばす」
高スコアを「低める」より、低スコアを「伸ばす」方が容易です。

●自分の理想とするタイプを考える
「人と仲良くなりたい」

 ⇒『優しさ・思いやりのNPを高める』
「人の上に立てる自分が理想」

 ⇒『リーダーシップのCPを高める』
など、自分の理想や目標で自己変容のターゲットが変わります。

●常に公言する
自分の性格(エゴ)を変えることは容易ではありません。

ただし、変えたい目標や理想を『公言』することは容易に実行可能です。

自己実現したいならアウトプットが重要!

臨床心理士「自己実現できる人に見られる特徴」

『アルフレッド・アドラー:性格は死ぬ直前まで変えられる』
自己概念・世界像・自己理想を言葉にする必要性